2010年01月22日

早大の賠償額を減額…風力発電訴訟2審判決(読売新聞)

 小・中学校に設置した風力発電機がほとんど発電しなかったとして、茨城県つくば市が業務委託先の早稲田大と発電機メーカーに計約3億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が20日、東京高裁であった。

 小林克巳裁判長は、「事業が失敗したのは、つくば市にも重い過失がある」として、早大に約2億900万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決を変更し、賠償額を約8958万円に減額した。

 判決によると、つくば市は、同市内の小・中学校に小型風力発電機を設置して電力を販売し、それを財源に地域通貨を発行する事業を計画。2005年7月までに、早大などが開発した発電機23基を設置したが、十分な発電量を得られず、事業は失敗に終わった。

たき火不注意で書類送検=山林火災に−宮城県警(時事通信)
<性同一性障害>「性別変更夫婦の子も嫡出子に」団体が要望(毎日新聞)
<万引き>千葉県警の警部逮捕 茨城の店で人形盗んだ疑い(毎日新聞)
「貸付金」改めて主張=石川議員、再聴取に供述維持(時事通信)
2日ぶり国会、問いかけに答えず=小沢氏(時事通信)
posted by 5jjbu8ksuv at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。