2010年01月26日

米運輸省、国交省に苦言=航空提携の判断に影響も−過熱する日航の争奪戦(時事通信)

 【ワシントン時事】米航空大手2社による日本航空との提携交渉をめぐり、米運輸省が日本の国土交通省に「予断を与える見解」を示さないよう求めたことが22日明らかになった。日航は提携会社との事業に関して「独占禁止法の適用除外(ATI)」を米政府に申請する方針で、国交省内には「日航がデルタ航空を選んでもATI取得は可能」との見方が出ている。これに対して米運輸省は「ATI認可の可否やスケジュールを決めるのは米当局だ」との異例の通告を国交省に行った。
 米国が日本をけん制、不快感を示した形で、日航の提携先選定に影響を与える可能性もある。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
日航株、一時1円

小沢氏はきちんと説明を=社民・福島氏(時事通信)
「水谷建設から接待」 大久保容疑者 1億円受領は否定(産経新聞)
ペルー人少年の在留認める=脳腫瘍手術、国外退去訴訟−東京地裁(時事通信)
大わらじみこしが練り歩き=山形県高畠町〔地域〕(時事通信)
<原研機構>下請けの所得隠しで改善策を発表(毎日新聞)
posted by 5jjbu8ksuv at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。